やまいち漢方薬局の岡村祥平です。
当薬局は、昭和11年に祖父が“山口で一番”と言われる薬局にという思いで「山一薬局」を開局したのが始まりです。その後、平成5年に支店の一つであった「山一薬局立小路店」を父が引き継ぎ独立。特に母の子宝相談においては、新しい命の誕生によりたくさんの喜びを共有させて頂きました。平成28年に私が引き継いだ後も、それは変わらず続いております。さらに、令和4年11月に、漢方薬や健康食品を主体とした相談薬局「やまいち漢方薬局」として、店舗を含めリニューアルいたしました。
長らく地域の皆さまの支えにより、ここまで積み重ねてくることができました。これからも皆さまの心のより所となるような薬局を目指してまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

やまいち漢方薬局は、伝統的な東洋医学の考え方を主軸に、お一人お一人が抱えている問題に丁寧に向き合っております。

東洋医学では、人も自然界の一部ととらえています。気候など、すべての自然環境の影響を受け身体は変化しますが、その土地や季節の食べ物を摂るなどして変化に対応しています。ところが現代は、自然からはずれたもの(ストレス過多、過食、睡眠不足、添加物、農薬、大気汚染、電磁波など)があふれていますので、どうしても身体の調子が崩れやすくなっています。本来どのような環境においても、健康を維持しようとする力(自然治癒力)が備わっているのですが、不自然なものが多くなるとその力が弱まってしまうのです。
当店で扱っている漢方薬や健康食品などは、自然界の中で特に薬効の優れたものを選別して作られておりますので、本来備わっている自然治癒力を立て直し取り戻す効力があります。

さらに、東洋医学では目に見えない生命エネルギー、すなわち『気(き)』というものを重視しています。気以外にも、地球2周半もの長さがある血管を流れる血液のように栄養分を運ぶ『血(けつ)』、体の70%を占める水分である『水(すい)』があり、この三要素が生命を支えていると考えています。気、血、水がバランスよく機能している状態が理想ですが、不足したり滞ったりすると不調が生じてしまいます。例えば、気が足りない状態である「気(き)虚(きょ)」になると、脾(ひ)胃(い)の消化力が落ちて栄養吸収できなくなり、血が足りなくなる「血(けつ)虚(きょ)」を招きます。また、血は気で動いているので流れが滞った状態である「血瘀(けつお)」にもなります。全身の水分代謝をコントロールしているのも気であるため、気虚により体のあちこちがむくむ「水滞(すいたい)」が現れます。気が不足すると血や水にも影響が出るため気はとても重要です。まさに元気の元です。

このような考え方で身体全体をみて、その方に合ったもので身体全体を整えていきます。ある一つの不調を治すためにアプローチし始めたら、他の不調も一緒に消えて無くなったということがあるのはそのためです。
漢方薬やその他の健康食品に加え、生活習慣、心のあり方など、健康になるための様々なアドバイスやケアをさせて頂きたいと思っております。
あなた本来の姿を取り戻し、豊かな人生が歩めるようお手伝いをしたいというのが私たちの願いです。
どんなお悩みでも構いませんので、どうぞお気軽にご相談ください。
癒しと寛ぎの空間を心がけた店舗でお待ちしております。

スタッフ紹介


 福岡大学薬学部を卒業後、東京の大手ドラッグストアに務める。店長として経験を積んだ後、イスクラ薬局・薬店経営塾(中医研修塾)で中医学(中国漢方)の基礎を学ぶ。卒業後、漢方専門の東西薬局で漢方相談の経験を積む。
 山一薬局立小路店では、処方箋調剤、健康相談を行っており、主に皮膚病相談を受ける。 漢方薬・自然役を通して体調が改善し自信を持たれる姿をみることで、漢方の凄さを感じているとともに、生活習慣を改める必要性、日々予防していく大切さを常に感じています。様々な不調を感じていらっしゃる方はぜひお気軽にご相談ください。

資格

薬剤師国際中医専門員A級(旧国際中医師)
日本中医薬研究会会員 
全国自然薬研究会会員 
日本生体免疫研究会会員
伝統生薬研究会会員

「大丈夫!あなたは必ず元気な赤ちゃんを生むことができる」

だって人間はとてつもない潜在能力が備わっています。そのとてつもない潜在能力を最大限引き出し生活して行けるように応援させて頂きます。

『サンデー西京』で2013年7月~2019年12月まで「芳子先生の、赤ちゃんがほしい人のための漢方相談」というコラムを執筆していました。記事はこちらから読むことができます。

資格

薬剤師
山口日本中医薬研究会会長
日本中医薬研究会会員 
全国自然薬研究会会員 
日本生体免疫研究会会員
伝統生薬研究会会員

 

熊本出身。結婚を機に山口に。熊本では病院および調剤薬局に勤務。
病院に通うたくさんの患者さんと接してきたことと、自身の皮膚トラブルなどの経験から、病院の薬は緊急時やある特定の病気には必要でも、全ての不調を治すものではないということを感じました。特に慢性的な病気に対して漫然と薬を続けても、根本治療に至らない現実を目の当たりにしました。薬剤師として働く日々で葛藤を抱きつつ、自身の不調を治したい思いもあり、代替医療と呼ばれる数々のものを試した中に漢方薬があり、その効果を実感したことで、漢方薬の素晴らしさを多くの方に知って頂きたいと思うようになりました。
不調は様々な原因で生じます。ストレス、食事や睡眠の質、その他の生活習慣、生まれ持っての体質などです。お話をお伺いし、お一人お一人に合った方法を考え、漢方薬や健康食品、生活面のアドバイスなどをご提案させて頂きます。健やかな心と体で豊かな人生を楽しめるよう、真心込めてそのお手伝いができればと思っております。
趣味:ヨガ、アロマテラピー、お菓子作りなど

資格

薬剤師
日本中医薬研究会会員 
全国自然薬研究会会員 
日本生体免疫研究会会員
伝統生薬研究会会員

none

『あなたは元気な赤ちゃんが産める』

ひと呼吸おいてニコニコゆったり 、赤ちゃんたちに選ばれるお母さんになろう。
周期療法とは、
西洋医学と中医学(中国医学)の考え方をドッキングしたもの。
中医学の基本的な考え方や生殖理論に、西洋医学から見た月経のメカニズムを
うまくドッキングさせた治療法です。
基礎体温のグラフから月経周期の4つのリズムに合わせ、漢方薬を服用するものです。
西洋医学の検査や基礎体温の状態も参考にしながら治療していく点が大きな特徴です。
none

中医皮膚病について

「皮膚は内臓の鏡」と言われます。アトピー性皮膚炎の症状は個人によって様々です。
発生や悪化のキッカケにも個人差があり、皮膚の状態だけを見て表面的な治療をしても、
根本的な改善には繋がりにくいです。中医学ではアトピーの症状は日々変化するものと捉え、
季節や天候、ライフスタイルによる皮膚症状の変化に応じて体の中から整えていくオーダーメイドの治療を行っていきます。

住所
 〒753-0034  山口県山口市下竪小路108
 TEL:083-922-2632  FAX:083-928-6671
 営業時間 9時~18時
 定休日 日曜日・祝日
 駐車場 有(4台)

住所
 〒753-0034  
 山口県山口市下竪小路108
 TEL:083-922-2632
 FAX:083-928-6671
 営業時間 9時~19時
 定休日 日曜日・祝日
 駐車場 有(4台)